語学留学 費用 比較

また留学会社さんによっても、扱っているプログラムやサービス、費用が異なります。 留学会社さんから見積りや資料が届いたら、内容をよくチェック。 複数の留学会社さんを比較することで、より自分に合った留学や留学会社さんを見つけましょう。 1年間のワーキングホリデー(ワーホリ)で実際にかかるであろう費用を国別に算出し、比較してみました。格安で生活できる国はどこか? 稼げる国はどこか? などワーキングホリデーの費用に関する情報で … 全体的な安さは、やはりアジア圏に軍配が上がります。 (マルタ語学学校料金比較表) 2020年1月現在 最も一般的な午前のグループコースに 2週間 参加して、 ホームステイ をした場合(スタンダードホストファミリー・ シングルルーム へ滞在・原則として2食付)、それにかかる費用を比較してみましょう。 まず一般的な留学にかかる費用としては以下のような項目があります。今回は、語学や専門科目を学ぶ留学にフォーカスしています。 1. 「留学に興味があるけど、いくらかかるの?」一度は憧れの海外留学に行ってみたい!と思うものの、やっぱり費用については気になる所。留学の費用は、国と期間の組み合わせで大きく変わるため、12ヵ国の語学留学費用を期間別に分けて詳しく解説しています! 韓国の留学費用の内訳と費用節約ポイントについて解説しました。ポイントは以下となります。1.韓国の物価水準は、留学人気都市は東京よりも-19~-35%安いです。2.韓国留学をする際に費用項目として大きいのは学費、生活費(宿泊費、食費)、保険の3点となります。 英語の必要性が高まる今、海外で勉強したい、語学留学したいと考える方も増えていますが、まず語学留学の場合に気になるお金や費用。短期2週間から1ヶ月など、学校の夏休みや社会人も有給を利用して行ける短期留学から、半年や1年、海外の大学進学やキャリアアップのための長期留学など費用はどのくらいかかるでしょうか。このページでは留学期間別に、また世界各国・各都市別に語学留学費用はいくら必要か、元留学エージェントの私が国別・期間別の留学費用の比較表を使って徹底解説します。例えば費用が安いと言われるフィリピンでの2週間、または1ヶ月の留学には実際どのくらい必要か。半年、1年以上の長期の場合で比較したら、アメリカやカナダ、その他の英語圏の国とを比較してどの程度の金額差になるのか、分かりやすい比較表で紹介します。語学留学の最初の準備として、いくらお金がかかるのか、目安となる平均的な費用を確認しましょう。, など、語学留学をしようと思うキッカケや留学目的は人それぞれ。安い留学費用も大切ですが、いくら安くても目的が達成できなければ意味がありません。とは言え、語学留学の検討にあたり目安となる費用は知っておきたいもの。海外語学留学にはどのくらいのお金、費用の準備が必要でしょうか。語学留学では語学学校での英語レッスン費用のほか、ホームステイや学生寮(レジデンス)の滞在費用、現地滞在中の生活費用が必要ですが、これらは留学期間が2週間や1ヶ月の短期なのか、半年や1年の長期なのかでも大きく違います。また、どの国で語学を学べば留学費用が安いのか、英語を学ぶのにおすすめの国はどこでしょうか。お任せください!留学エージェント歴10年以上の私が、海外で英語を学ぶのにかかる費用を徹底調査、人気の8つの国・都市別にそれぞれの語学学校費用をまとめて比較します。, 英語の語学留学で人気の国・都市と言えば下記の8つ。このページではこれらの国・都市での留学費用を、短期2週間や夏休み・春休み留学に多い1ヶ月、多くの国で学生ビザ申請なしで語学留学ができる3ヶ月(12週間)、また長期の半年(24週間)・1年(48週間)などの期間別に比較、費用が安い国はどこかを紹介します。, もちろん留学ランドでは上記以外の国や都市、期間での語学留学プランもご案内可能です。費用が気になる方は、お気軽に留学ランドへお問い合わせください。経験豊富な留学カウンセラーがあなたの希望に沿った留学をご提案、費用の見積もりも無料です!「この国、短期留学だとこれくらいの費用で行けるの!?」、「長期留学でも、この国ならこんなに安いんだ」など、発見がきっとありますよ。, 最初に2週間の短期留学ではどの程度の費用が必要か、国別に比較します。2週間であれば、中学生や高校生、大学生の春休みや夏休み、社会人の場合は休日・有給を組み合わせて参加可能な期間。語学学校によっては最短1週間での参加も可能です。ただし、語学学校のコース開始日が基本的に月曜日で、到着初日は語学力チェックのためのテスト、学校施設や周辺案内を含むオリエンテーションが行われるため、1週間の短期語学留学の場合、レッスンは翌日火曜日から金曜日まで、実質英語レッスンが受けられるのは4日間のみの点に注意が必要。それでは2週間の短期留学で実際に必要な学校費用はどの程度か、マンツーマンレッスンで格安・おすすめのフィリピン・セブ島留学は他の国と比較してどれだけの安い費用かに注目です。, 2週間の短期語学留学の費用を人気の8ヶ国で比較すると、最も安いフィリピン・セブ島は学費、現地滞在費用も含めて約11万円。次いで安いのがマルタ共和国やカナダ・バンクーバーで費用は15万円前後。また他の国でも20万円以内の費用で短期留学が可能です。ちなみに、上記比較表の留学費用には以下が含まれます。, 費用比較表にある語学学校は、このページの後半で詳しく紹介しますが、やはりフィリピン・セブ島の語学学校CPILSは費用が安いことが分かります。さらに各国の語学学校費用は午前、午後ともに英語レッスンに参加するフルタイムコースで計算していますが、フィリピンのCPILSの場合、半日の少人数制グループレッスンに加えて、半日のマンツーマン英語レッスンがあるのも特徴。, フィリピン以外の国でマンツーマン英語レッスンを選択すると英語コース費用は何倍にもなります。留学生1人に英語講師が1人、つきっきりで英語を教えるので当然ですが、フィリピンは英語講師の人件費が安いため、学費を安く抑えることができるのです。このように書くとフィリピン講師の質は大丈夫?と思われるかもしれませんが、講師は英語を教える資格を持っているか、または各学校の厳しい研修を終えているのでご安心ください。またフィリピン・セブ島の語学学校CPILSは午前、午後の授業に加え、夕食後の自習やワークショップもあり、平日は英語漬けの毎日で集中して語学学習が可能。費用だけでなく、内容もおすすめの短期語学留学先です。, こ中学生や高校生の短期留学での注意点が、このページで紹介する語学学校の一般英語コースには年齢制限のため中学生、高校生は参加できない点(多くの語学学校で参加対象年齢が16歳または18歳以上)。一般英語コースは大学生や社会人などの大人が参加対象で、じゃあ中学生や高校生はどうしたらいい?という話ですが、中高生向けには世界各国の語学学校がジュニアプログラムという留学コースを用意しています。夏休みや春休みの期間限定で、平日半日の少人数英語グループレッスン、もう半日はアクティビティ、週末は終日で各都市観光や近隣施設を巡ります。世界中から集まる留学生と英語を学びながらコミュニケーションを取り、楽しいアクティビティに参加、プログラム終了時には様々な国の友達ができて帰国したくないと泣き出す子も。留学ランドでも中学生や高校生のための夏休み短期留学を紹介しているので是非ご覧ください。さて、続いては4週間、約1ヶ月の場合にどれくらいの語学留学費用が必要か、見てみましょう。, 大学生の夏休みや春休み、社会人の方でも長期休暇で参加される方の多い留学期間がこの4週間(約1ヶ月)。費用を比較すると、やはりフィリピン・セブ島が格安ですが、カナダやニュージーランドも安い費用で語学留学が可能と分かります。, 1ヶ月(4週間)の語学留学費用を国別に比較すると、フィリピン・セブ島は格安で20万円前後が目安。日本からの距離も近く「安い英語短期留学と言えばフィリピン」です。ただし、次いで安いカナダとニュージーランドも1ヶ月の留学費用が20万円台と比較的安い金額で留学可能な国。フィリピンは英語留学でおすすめの国ですが、街で話されているのは母国語であるタガログ語などフィリピン独自の言葉。語学学校の中だけでなく、街中のレストラン、スーパーマーケット、ホームステイでホストファミリーが英語を話す国なら費用の安いカナダ、ニュージーランドがおすすめ。特に動物や自然、アウトドア好きな方にはニュージーランドがおすすめ。時差もなく、キウィと呼ばれるニュージーランド人も朗らかで親切です。, 上記の留学費用には、ホームステイでの現地滞在費用のほか、語学学校の学費が含まれますが、アメリカ以外の国は午前・午後とも英語レッスンのフルタイムコース、アメリカの場合のみ、午前または午後のみ半日英語レッスンのパートタイムコースで費用を見積もりしています。なぜアメリカだけフルタイムではなくパートタイムとしているか、その理由がアメリカの学生ビザ。アメリカ留学の場合、以下の2つのいずれかに当てはまると学生ビザの取得が必要です。, 2番めの週18時間以上の英語レッスン、というのはフルタイムコースのこと。逆にパートタイム、週18時間未満であれば事前の学生ビザ申請が不要なため、費用比較表のうちアメリカのみ、12週間(約3ヶ月)まではパートタイム英語レッスンで見積り費用を作成しています。1ヶ月程度の期間の短期留学で学生ビザ申請の手間や費用はもったいないもの。もちろん、短期アメリカ留学でもフルタイムで勉強したいという熱意ある方は、学生ビザを申請しての留学も可能です。ただしその場合、留学の申し込み・手続きを早めに済ませ、学生ビザ申請・アメリカ大使館や各領事館での面接が必要な点にご注意を。, 次は12週間・約3ヶ月、多くの国でギリギリ学生ビザを申請せずに留学できる期間の費用を確認します。約3ヶ月にもなると短期留学ではなく中期間ですが、多くの国での英語留学で学生ビザ申請無しで渡航できる期間です。12週間(約3ヶ月)の語学学校費用を各国、各都市別に見ていきましょう。, 3ヶ月(12週間)の語学留学費用を国別に比較すると、安いのはフィリピン・セブ島で学費・現地滞在費用を含め50万円台。ほか、カナダ・ニュージーランド・マルタ共和国が70万円前後の比較的安い費用で語学留学が可能な国。なお12週間以内の場合、これらの国で学生ビザ申請・費用は不要です。ここで注目がマルタ共和国とアイルランド。それぞれ比較的安い費用で留学ができる人気の国です。地中海の小さな島国で英語が公用語のマルタ共和国は安い費用に加え、ヨーロッパからの留学生が圧倒的に多く日本人留学生が少ないこと、さらに週末を利用してヨーロッパ各都市へ格安で観光旅行を楽しめる点が留学のおすすめ理由。またアイルランドも同じく、費用が安い、日本人留学生が少ない、欧州各国・各都市に格安旅行ができるメリットがあります。さらにアイルランドは半年や1年の長期留学で学生ビザを取得した場合、アルバイトもできるのでおすすめです。, マルタ留学のメリットを紹介したところで、比較表の費用について補足すべき情報があります。それは比較表の費用はすべて、各語学学校の「通常期」の費用で算出している点。海外へ語学留学する場合、夏休みや春休みなど留学生が多い「繁忙期」とそれ以外の「通常期」に分けられますが、特にマルタ留学の場合にはこの繁忙期と通常期の留学費用の差が大きい点に注意が必要です。ヨーロッパのベストシーズン、6月~9月の間、マルタにある多くの語学学校は授業料と滞在費用が大幅に上がります。もしこの時期にマルタ留学を検討中の場合、費用比較表の金額は該当しません。紹介した語学学校ECマルタ校の場合、繁忙期の12週間(約3ヶ月)の留学料金はEUR7,560(約96万円)に跳ね上がります。マルタ語学留学の費用が安いかは時期次第の点に注意ください。(他の国・都市を選ぶ場合も夏休み期間やクリスマス期間、特に滞在費用で追加費用があります。), 続いて24週間(約半年)、海外で英語留学をするとどれくらいの費用が必要かを調べます。約半年(24週間)の長期留学になると必要な費用も大きくなるもの。また、カナダ、イギリスを除く他の国は学生ビザまたは滞在許可証申請が必要で、いずれも準備が必要な書類や大使館・領事館での手続きなど時間を要します。学生ビザが必要な半年から1年間の長期留学をお考えの場合はできる限りお早めに留学ランドへお問い合わせを。出発の遅くとも3ヶ月前までに語学留学の申し込み手続きを済ませるのがおすすめです。, 半年間(24週間)の語学留学費用は概ねホームステイ滞在費用も含めて100万円~200万円で、留学先の国により大きく変動します。留学費用が安いのはフィリピン・セブ島で半年間の費用の目安が100万円前後。次いでカナダも110万円前後の費用で半年の留学が可能です。カナダ・バンクーバーとフィリピン・セブ島、この2つの留学費用の差ですが僅か10万円。安いのは確かにフィリピンですが、半年もの長期間留学で僅か10万円を追加するだけでカナダ留学も選べるとも言えます。フィリピン・セブ島留学はフルタイムで英語漬け、しかも英語レッスンはマンツーマンで人気の学生寮に滞在できるメリットがありますが、語学学校外の生活はお店やレストランの簡単な英会話を除くと、基本的には現地語。さらに、フィリピン留学は日本人や韓国人留学生が多い点も特徴。英語が本当に初心者で、外国人と話すことが苦手であればフィリピン留学はおすすめですが、もし英検2級程度の語学力がある場合、私は元留学エージェントとして強くカナダ留学をおすすめします。カナダでは語学学校だけでなく、ランチを食べるレストラン、放課後に立ち寄るカフェやスーパーマーケットもすべてネイティブの英語。そのスピードや語学のリズムを、カナダ留学生活中に実践的に学ぶことができます。比較表では24週間、半年間すべてホームステイ前提で費用計算していますが、最初の1ヶ月~2ヶ月だけホームステイ、後でシェアアパートへ引っ越しすれば滞在費用の節約も可能です。, 費用比較の最後、48週間(約1年間)、海外で英語を学ぶのに必要な語学留学費用をご案内します。1年間、海外で英語を身につけるための語学留学なら、語学力だけでなく、留学中に英語で学びたい何かを考えておくべきです。まずは48週間、約1年の語学留学をする場合に準備すべき費用を一覧表で見てみましょう。, 1年間のフィリピン語学留学も可能ですがフィリピンの留学費用を記載していない理由は、多くは長くても半年、24週間までだから。マンツーマンレッスンで英語のコミュニケーション力を身につけ他の国でワーキングホリデーをする、またはTOEFLやIELTSなどの英語試験対策コースでスコアアップ後に希望する国へ進学する場合がほとんど。他の国の1年間の語学留学費用を見てみると、カナダが安く、次いでニュージーランド。私が留学エージェントとして働いていた頃も、費用が安くおすすめのカナダやニュージーランドの長期語学留学をご案内していました。ただしその場合、語学学校への留学だけではなく、語学力を活かして何かを学べる留学もご紹介したものです。, ここまで語学留学で必要な、語学学校の学費や滞在費用を紹介しました。以下、費用比較の対象にした語学学校について、詳しくご紹介します。留学費用比較表で紹介したのは、世界各都市に校舎を構え、各国の語学学校審査機関の厳しい審査をクリア、これまでに世界中から多くの留学生を受け入れた実績のある語学学校です。, 語学学校KAPLAN Internationalでは、世界各都市に校舎を持ち、80年以上続く実績をもとに独自の英語学習法、「Kメソッド」を開発。英語を学ぶ留学生が効率よく英語の読み書き、聞き話す力を身につけられるKAPLAN独自の学習方法。各国の高等教育機関とも提携しており、KAPLANの規定レベルをクリアすることで、それぞれの国・都市にあるカレッジや大学への語学力要件を免除することも可能。英語の勉強を始めたものの、何から手をつけたら良いか分からない、そんなあなたにKメソッドはぴったり。最初の語学力テストで自分の英語力にあったクラスを受講、留学中に何をどこまで学んだかも確認できます。一般英語はもちろん、ビジネスコースや試験対策コースも提供している語学学校です。, 語学学校LSI(Language Studies International)は世界中の都市に校舎を構えつつ、そのどれもが小規模。理由はLSIの運営のモットーで、留学に参加する学生同士、また留学生と学校の英語講師、運営スタッフとの距離感を縮め、アットホームな雰囲気でいつでも気軽に話せるように、というもの。初めての海外、初めての語学留学でも学校スタッフが丁寧にサポート、安心して英語の勉強に集中できます。また各校舎ごとに一般英語に加え、各種英語試験対策やビジネス英語、その他アクティビティと組み合わせたコースなどを提供。元留学エージェントの私も、英語に自信がない、初めての海外で不安が大きいあなたに是非、おすすめしたい語学学校です。, ヨーロッパ、地中海に浮かぶリゾートでもあるマルタ島に本部を置く語学学校EC(English Languace Centers)は世界各都市の非常にロケーションの良い場所に校舎を構えているのが1つの特徴。英語レッスンは30年以上の実績、経験を活かし考案されたもので、英語でのコミュニケーション力向上に注力した内容。オンラインツールを併用した最新の英語教授法で、参加学生が楽しく英語を学べるよう考えられています。ECは校舎を各都市で非常に便利な場所に設置しており、たとえ短期留学中でも、英語レッスンが終わって校舎を飛び出せば、その街の魅力を存分に味わうことができます。一般英語だけでなく、各種英語試験対策、ビジネスコースも提供しています。, フィリピン・セブ島の語学学校CPILSは世界展開する学校ではありませんが、フィリピン政府が推奨する英語を学ぶための語学学校。フィリピン・セブ島で最初の英語教育機関として2001年にスタートした実績のある語学学校でもあります。マンツーマン英語レッスン・学内学生寮はもちろん、セブ島最大のスポーツジムまで備え、学校施設も充実。平日は朝から夜までマンツーマン英語、少人数英語レッスン、そして翌日のための予習復習と、ひたすらに英語漬け。フィリピン・セブ留学だと多くの学校が日本人か韓国人ばかりのところ、CPILSは留学生の国際色も豊か。また、英語のネイティブ講師の数がフィリピン・セブ島で最も多い語学学校でもあります。, 世界各国には、まだまだたくさんのおすすめ語学学校があります。どんな留学スタイルや期間、費用を希望されるか、少しだけ留学ランドへのお問い合わせでヒントをいただければ、経験ある留学カウンセラーがおすすめの学校をご案内いたします。是非、お問い合わせください!, ここまで語学学校とその費用を紹介しましたが、海外留学ではその他にも準備が必要なものがあります。以下、語学学校の学費以外に、語学留学で必要なものとその費用、安く節約する方法などを紹介します。, 国際航空券費用、日本から留学先現地へ行くための渡航費用ですが、これはフィリピンのような日本から近い国から、イギリスなどの遠い国まであり、また留学期間により費用は様々。でも実は私、旅行業界の経験もあり…安い国際航空券を探すためのコツ・方法があるんです。まずは旅行代理店に問い合わせてみましょう。え?旅行代理店って費用が割高なのでは…というあなたは海外旅行に慣れた方ですね。確かに、そのまま旅行代理店で購入すると、ちょっと割高なことが多いのは事実。ただ、提案された飛行機のフライト情報などを、格安航空券販売サイトなどで検索するのがおすすめです。格安航空券サイトは、とにかく安いチケットを表示しますが、乗り継ぎ時間などがめちゃくちゃなこともあります。その点、旅行会社の見積もりにあるフライト情報は、直行便で便利なチケットから乗り継ぎ便でも空港が広すぎない都市での乗り継ぎなどを探してくれます。そうした利用者(=あなた)の利便性の高いフライト情報から格安航空券を探せば、より安い費用でオトクに航空券を購入できる可能性が高まります。, 海外旅行(留学)傷害保険について「クレジットカード付帯の海外旅行保険なら無料、費用がかからなくていいよ」とお考えの方に注意点。どこまでカバーできる保険か、また保険適用の条件にも注意が必要です。航空券をそのカードで購入しなければ適用されないなどもあります。現地到着後に学校でも保険加入は可能ですが、もし万が一、滞在中の怪我や病気で病院に行くと、自分で治療費を全額負担することに。その後、英語で保険申請書を作成、後から返金されますが非常に面倒です。日本で入る海外旅行(留学)傷害保険の場合、指定病院では治療費用の支払いが一切不要、また24時間、日本語で相談できる点もメリットです。内容によってはオプション費用がかかりますが、航空機の遅延や荷物盗難、さらに滞在先(ホームステイやレジデンス)で家具・家電を壊した場合にカバーしてくれる保険もあります。この海外旅行(留学)傷害保険(クレジットカード付帯は除きます!)は留学エージェントが勧めるものでなくても良いですが、語学学校参加には必須です。費用はかかるものの必ず加入して、英語の付保証明を学校に持っていきましょう。※日本を出発する直前まで保険加入できますが、渡航後は加入不可。必ず事前の加入がおすすめです!, 留学エージェントの手配手数料ですが、ご安心ください。留学ランドへのお問い合わせやご相談、さらに語学学校へのお申込み手続きの手数料は一切、無料です。もちろん「手続き費用無料」とする留学エージェントは他にもありますが、必ず費用の見積もりをとり、日本円で最終的に留学費用がいくらか、確認しましょう。手数料は無料でも為替レートを高めに設定、日本円での留学請求費用が高い場合に注意が必要です。, 以上、語学留学にかかる費用について英語圏の人気8ヶ国を中心に、国別・期間別に比較、安く留学できる国や費用の目安を紹介しました。あなたの語学留学計画の役に立ちましたでしょうか?ご不明な点や最新の学校料金などについては、お気軽に留学ランドまでお問い合わせください!, 2週間の短期語学留学の費用を人気の8ヶ国で比較すると、最も安いフィリピン・セブ島は学費、現地滞在費用も含めて約11万円。次いで安いのがマルタ共和国やカナダ・バンクーバーで費用は15万円前後。また他の国でも20万円以内の費用で短期留学が可能です。, 1ヶ月(4週間)の語学留学費用を国別に比較すると、フィリピン・セブ島は格安で20万円前後が目安。日本からの距離も近く「安い英語短期留学と言えばフィリピン」です。ただし、次いで安いカナダとニュージーランドも1ヶ月の留学費用が20万円台と比較的安い金額で留学可能な国。, 3ヶ月(12週間)の語学留学費用を国別に比較すると、安いのはフィリピン・セブ島で学費・現地滞在費用を含め50万円台。ほか、カナダ・ニュージーランド・マルタ共和国が70万円前後の比較的安い費用で語学留学が可能な国。なお12週間以内の場合、これらの国で学生ビザ申請・費用は不要です。, 半年間(24週間)の語学留学費用は概ねホームステイ滞在費用も含めて100万円~200万円で、留学先の国により大きく変動します。留学費用が安いのはフィリピン・セブ島で半年間の費用の目安が100万円前後。次いでカナダも110万円前後の費用で半年の留学が可能です。, ※日本を出発する直前まで保険加入できますが、渡航後は加入不可。必ず事前の加入がおすすめです!, コロンビアウェストカレッジ(Columbia West College)留学最新情報, Mentor Language Institute(MLI)ロサンゼルス・ウエストウッド校, LSI(Language Studies International) ニューヨーク校~留学最新情報. 留学費用が安い国. 滞在費(現地住居にかかる費用) 3. フィリピン留学と似た留学先としてフィジー留学があります。フィリピン留学とフィジー留学の違いとは何でしょうか?記事ではフィリピン留学とフィジー留学の比較をしつつ、双方の特徴をまとめました。 copyrightⓒ 2020 RYUGAKU TIMES Inc. All rights reserved. ※主要5カ国:日本からの留学生が多い アメリカ 、 イギリス 、 カナダ 、 オーストラリア 、 ニュージーランド. 留学に行くにあたって一番大切なのは「国選び」。同じ英語圏であっても、場所が違えば学びも生活も大きく異なります。今回は人気留学先7か国をピックアップし、それぞれのメリットやデメリット、大まかな留学費用までを比較していきます! 海外旅行保険(日本の保険会社 or 現地の保険会社) 5. ビザ手数料(渡航国、期間によって変動) 6. 語学留学を長期的に希望している方へ、1年にかかる費用をご紹介しています。アメリカやイギリスなどの主要先の他、穴場の留学先を厳選して5つピックアップしました。ぜひ、参考にしてみ … 5位.スペイン、マルタ、ニュージーランド, 全体的な安さは、やはりアジア圏に軍配が上がります。そんな中、カナダの健闘が目立ちます。, フィリピン・カナダが圧倒的に安く、次いでオセアニアのニュージーランドとオーストラリア。イギリスとアメリカは、英語圏の中でも高額です。, 今回は、1か月あたりの語学留学をする場合で各国の費用を比較しましたが、留学スタイルによって必要な金額は大きく変わります。, ですが、各国の相場観を知るきっかけにはなるかと思いますので、留学先の国選びの参考にしていただければと幸いです。, 今回の表を参考に、かかる費用が安めの国を留学先に選ぶことも1つの方法ですが、別の方法でも留学費用を抑えることが可能です。その方法は、以下のとおり。, 海外留学の奨学金には「給付型」と「貸与型」の2種類がありますが、返済義務のある「貸与型」であっても、かなりの低金利で借り入れが可能です。, ただし、海外留学の際に奨学金を受けるためには、学歴、年齢、成績、語学力、専攻など様々な条件があります。また留学先の国や地域によっても条件が異なります。, ご自身が奨学金の受給資格を満たしているか知りたい方は、留学エージェントの無料カウンセリングを受けてみるとよいでしょう。, 「留学費用は十分に貯まっていないけど、早く留学がしたい」という場合は、ワーキングホリデーを利用するのも1つの手です。, 「留学先が協定国であること」「ワーキングホリデービザを申請可能な18~30歳という年齢制限を満たすこと」といった条件はありますが、通常の語学留学と比べて就労の自由度が高いです。, 滞在中に留学資金を稼ぎたい方は、ぜひワーホリの制度を利用しましょう。ワーホリの期間中に、語学学校に通うことも可能です。, 留学エージェントを利用すれば、留学先の学校が提供しているキャンペーン価格での留学が可能です。, また、費用面だけでなく、個人で渡航計画を立てるよりも綿密な計画が立てられ、ビザをはじめとする各種申請手続きなどの代行も頼めるため、準備も楽に行えます。, エージェントを利用することによって、不備なく一通りの準備を期間内に行うことができるというのも大きなメリットです。様々な面で不安を持たずに留学したい方は、留学エージェントの利用をおすすめします。, スマ留の料金プランは、授業料・滞在費・教材費・入学金・諸手続き費用の全てがパッケージ化されていて、とてもシンプル。語学学校の生徒数が少ない時間などを有効活用することで, 国内2か所のサロンだけでなくオンラインでも無料カウンセリングを受けられるので、留学費用について気軽に相談してみるといいでしょう。, 1~2年先の相談も可能で、無理な勧誘はありません。希望する留学先のコロナ最新情報が確認でき、かかる費用の見積もりももらえますので、留学計画の参考にしてください。, 留学カウンセラーを15年以上やっており、世界45カ国、5000校以上ご紹介可能です。私自身7年以上海外留学経験があり、ドイツ、アメリカ、南米、ロシア、タイ、韓国での経験から色々なアドバイス・サポートもできるかと思います。神社仏閣巡り、夜空を眺める、スーパーマンが好きです。お気軽にご相談ください。, アメリカ留学 / オーストラリア留学 / カナダ留学 / ニュージーランド留学 / フィリピン留学 / イギリス留学 / マルタ留学 / シンガポール留学 / スペイン留学 / アイルランド留学 / ドイツ留学 / フランス留学 / イタリア留学 / オーストリア留学 / ロシア留学 / 韓国留学 / タイ留学 / マレーシア留学 / インド留学 / 中国留学 / スリランカ留学 / メキシコ留学 / アルゼンチン留学 / ペルー留学 / チリ留学 / エクアドル留学 / コスタリカ留学 / アラブ首長国連邦(UAE)留学 / 南アフリカ共和国留学 / ジャマイカ留学, 北アメリカ(北米)へ留学 / ヨーロッパ(欧州)へ留学 / アジアへ留学 / オセアニアへ留学 / 中南米へ留学 / アフリカ・中東へ留学, サンディエゴ留学 / サンフランシスコ留学 / シアトル留学 / シカゴ留学 / ポートランド留学 / ニューヨーク留学 / ハワイ・ホノルル留学 / ボストン留学 / ロサンゼルス(LA)留学 / バンクーバー留学 / モントリオール留学 / ロンドン留学 / オックスフォード留学 / パリ留学 / ウィーン留学 / 上海留学 / 香港留学 / 北京留学 / ゴールドコースト留学 / パース留学 / ブリスベン留学 / メルボルン留学 / オークランド留学 / ドバイ留学 / ワシントン留学 / トロント留学 / ミュンヘン留学 / ベルリン留学 / モスクワ留学 / セブ島留学 / ケアンズ留学 / シドニー留学, 語学留学 / 英語留学 / ビジネス語学留学 / TOEIC対策留学 / 親子留学 / 語学試験対策 / 50歳以上シニア留学 / 大学進学留学 / おけいこ・習い事留学 / ワーキングホリデー / インターンシップ留学 / ボランティア留学 / 専門スキルアップ留学 / 先生宅ホームステイ / ジュニア留学 / 長期留学 / TOEFL対策留学 / GRE対策留学 / 短期留学(プチ留学) / 中学生留学 / 高校生留学 / 大学生留学 / 大学院生留学 / サマースクール / 休学・認定留学 / ホームステイ留学 / ファームステイ留学 / オーペアナニー・デミペアナニー / 看護・医療留学 / 日本語教師アシスタント / エンジニア・プログラミング・IT留学 / 資格取得留学 / スポーツ留学 / 料理留学 / 音楽・声楽留学 / ゴルフ留学 / フラワーアレンジメント留学 / エステ・マッサージ留学 / アート・デザイン・写真留学 / サーフィン・ダイビング留学 / バレェ・ダンス留学 / メイク・ファッション留学 / IELTS対策留学 / マンツーマン・プライベートレッスン留学 / 英語・語学教師養成留学 / 30歳以上向け留学 / 進学準備留学 / ケンブリッジ英検対策 / バリスタ留学 / ホスピタリティ留学, アメリカの留学体験談 / カナダの留学体験談 / オーストラリアの留学体験談 / ニュージーランドの留学体験談 / イギリスの留学体験談 / マルタの留学体験談 / 南アフリカ共和国の留学体験談 / フィリピンの留学体験談 / マレーシアの留学体験談 / フランスの留学体験談 / イタリアの留学体験談 / スペインの留学体験談 / 夏のジュニア体験レポート / FLS視察レポート / ニューヨーク語学学校視察レポート, 留学の基礎知識 / 海外留学保険の選び方 / 海外で使えるデビットカードの選び方 / オンライン英会話の選び方 / 海外ポケットWi-Fiの選び方 / 海外スマホの選び方 / 英会話スクールの選び方 / 海外SIMカードの選び方 / 海外留学の際のクレジットカードの選び方, ENGLISH MAG / キャリアパーク / マネット / マネットFX / 就活の未来 / 留学マスター / English Media, 【随時更新】新型コロナウイルスに関する各国の留学渡航・語学学校に関する最新情報について. 生活費(食費、娯楽費など) 学校の料金表から分かる「学費」や「生活費」は想像 … ・入学金または出願費用 ・授業料金 ・学校の教材費 ・現地サポート料金 ・プログラム参加費 + 渡航に必要な諸 … 人気の留学先6か国の1ヵ月の留学費用を徹底比較!授業料や滞在費、航空券などかかる費用の比重は国によって様々です。また合わせて節約のコツもご紹介しますので、各国の費用内訳を比較して、自分に合った留学先を見つけましょう。 主要5カ国の語学留学の費用. 留学先を選ぶ際ヨーロッパやアメリカは距離がありますが、アジア諸国なら近いので行けそうと感じる人が多いようです。ここでは、独特な文化や言語を持つアジア留学について費用を中心にご紹介していますので参考にしてみて下さい。 留学比較.comはフィリピンの語学学校比較サイトです。フィリピンのセブ島に滞在している現地スタッフより、あなたにピッタリの語学学校を提案させて頂きます。留学経験があるスタッフ達だから、他のエージェントとは一味違うんです。 留学で必要な費用総額と内訳を解説。費用を抑えるための節約術も大公開!アメリカ、カナダ、オーストラリアなど国ごとの費用やスタイル別の費用も徹底比較!留学情報を比較するなら留学くらべーる! 語学留学、高校留学、大学留学、大学院留学、ワーキングホリデーなど、留学スタイル別に、留学費用の概算がわかります。留学費用として「出発前にかかる費用」と「留学してからかかる費用」にわけて解説、費用を安く抑える方法もご紹介しています。 海外で勉強するにはさまざまな留学スタイルがありますが、交換留学であれば、日本の教育機関に在籍しながら海外の教育機関に留学が可能です。とはいえ、具体的に交換留学がどのようなものなのかは、わかりにくいですよね。そこで今回は交換留学、特に費用について解説したいと思いま … 4位.韓国 海外では大きく分けて滞在先の学校授業料やプログラム参加費、渡航に必要な諸経費、滞在費・生活費が必要となります。渡航後の滞在費や生活費以外は、原則日本国内での支払が必要となりますので、まとまった金額が出発する前に必要となることを念頭に置くことが大切でしょう。 学校授業料やプログラム参加費用 1. 総留学費用:181,200円 出発前にお支払い頂く費用...140,000円 内訳:入学金:15,000円、学費:45,000円、滞在費:25,000円、送金手数料:6,000円、手配料関連:49,000円 航空券&保険 … フィリピン留学の語学学校を学費、マンツーマン授業の数、経営、日本人比率、フィリピン留学 費用 比較など気になる項目で徹底比較!地域毎に一覧にまとめました。 https://www.ryugakuland.com/features/studyabroadfeatures/studyabroadcosts 上記の2つの表から、1か月あたりの留学費用が安い国を、上位5つに絞って選出してみました。 1位.フィリピン 2位.カナダ 3位.マレーシア 4位.韓国 5位.スペイン、マルタ、ニュージーランド. 留学にかかる総費用を説明、解説。授業料、滞在費、航空券代、生活費、保険などどこにお金がかかるのか、物価はどれくらいか、費用を安く抑えるポイントを説明します。ニュージーランドへの語学留学、親子留学、大学や中学、高校に通う場合の総額費用の目安も紹介します。 留学するにあたって「費用を安く抑えたいけれど、質の低いプログラムは嫌だ…」という方におすすめなのが、「日本中のすべての人達に海外での語学留学・異文化交流を経験してほしい」という思いからはじまった留学エージェント「スマ留」です。 学費(語学学校やカレッジの授業料) 2. 今回は、人気の英語圏留学先を生活する上で重要な環境面を比較し、紹介したいと思います。語学留学に行きたいが、どこの国に行くべきか悩んでいる方の参考になれば幸いです。 後悔のない自分に合った留学先を選んでください! オランダ留学費用の内訳と節約ポイントを解説しました。ポイントは以下となります。1.オランダの物価水準は、留学人気都市は東京よりも-15~-4%安いです。2.オランダ留学をする際に費用項目として大きいのは学費、生活費(宿泊費、食費)、保険の3点となります。 アメリカは語学留学が盛んで、学校も多く英語圏の中では比較的費用が高めです。 学費は月10万~20万円程度が目安で、長期になると少し割安になる傾向があります。 事前に必要な金額を知ることで、資金をためる際の目標額が明確になり、留学までの時期も逆算できるようになります。, 今回の記事では、人気の留学先を厳選し、学費・居住費・生活費・渡航費(飛行機代)といった観点から、国別の平均相場を比較しています。, 「留学費用が最大半額」で人気の留学エージェントスマ留では、1年~2年先の留学相談も受け付けています。無料カウンセリングはオンラインにも対応。全国から相談可能なので、コロナ情報をはじめとする現地の最新情報を確認してください。, これらの金額に往復の航空券代やその他の費用が加わるため、1年間留学をした場合、平均の合計金額は200万円を超えることになります。, もちろん、これらの数字はあくまで平均値なので、留学先の国、留学期間、留学目的、滞在スタイルによって、実際の金額は大きく異なります。, まずは、国別に学費を比較してみます。1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月で、かかる学費は以下のとおりです。, どの国も、長期間の留学になればなるほど1か月あたりの学費は安くなります。地域で見ると、アジア圏やカナダの学費の安さが目立ちます。, 続いて、国別に1ヶ月あたりの滞在費・生活費を見ていきましょう。短期留学をした場合を想定して、往復航空券代も加えて比較をしてみたいと思います。, 仮に1か月の語学留学をする場合、先ほどの1か月あたりの学費を加えることで、全体でどれくらいの金額になるかといった目安にもなります。, こうしてみると、アメリカの居住費や生活費の高さが際立ちますね。アメリカは学費も高額なので、必要な留学費用は他の国よりも高くなります。, ヨーロッパ圏では、マルタやスペインは居住費・生活費共に低めの数字ですが、航空券代は高額です。したがって、どちらかというと短期よりも長期留学をした際にお得感が出る地域と言えそうです。, 上記の2つの表から、1か月あたりの留学費用が安い国を、上位5つに絞って選出してみました。, 1位.フィリピン ヨーロッパで費用を抑え格安で語学留学ができる国、マルタとアイルランド。この2か国のどちらを選ぶべきかお悩みのあなたへ、その違いを比較するページを作成しました。費用がどのくらい格安なのか、具体的に語学学校の学費を比較。 留学でかかる費用について説明いたします。授業料や生活費など、留学に必要な費用の目安としてご参照ください。累計25万人の利用者実績を誇る【成功する留学】があなたの留学を成功へと導きます。経験豊富なカウンセラーがご希望に合うプランをご提案します。 マルタ留学費用 比較 ・学費+滞在費:3ヶ月・・約60〜160万円 / 6ヶ月・・120万円〜300万円 / 12ヶ月・・200〜400万円 ・生活費(1ヶ月):3万円〜5万円 ・往復航空券代:約10〜15万円

コラントッテ 肩こり 効果, 一人暮らし 食費 最低限, 唐揚げ 下味 冷凍 マヨネーズ, クックパッド 秋 レシピ 2019, ブリティッシュ ブルドッグ 銃, 女王蜂 アヴ 身長, エレカシ 30周年 Cd, シングル ベット の 上 で, スタンレー グロウラー コストコ, 気持ちを 消化 する 英語, 地 デジ 中継局 マップ, 半沢直樹 動画 パンドラ 1,