フランス 移民 宗教

テ)が確立した。1989年以降、イスラーム系移民の増加により原則が動揺し … 移民はフランスの生活様式をありのまま受け入れるのではなく、自らの文化を守ろうとして周囲の人々と仲が悪くなることもあった。フランスでは国籍について出生主義をとっている。フランスで生まれたら皆フランス人というものだ。 Copyright © Keio University. テ(Laicite=非宗教政策、政教分離策)という概念が根底にある。例えば国 や地方自治体は、宗教施設の建設などへの補助金の支出が禁じられている。 テ(Laicite=非宗教政策、政教分離策)という概念が根底にある。例えば国 や地方自治体は、宗教施設の建設などへの補助金の支出が禁じられている。 吉田徹 / ヨーロッパ比較政治 宗教・慣習等の留意点. ¡ã‚‹è³›å¦ この法律が生まれたきっかけは、2009å¹´6月に当時の大統領サルコジが宗教上の理由によるヴェールはフランスに歓迎されないと述べたことにある。 フランスは元来カトリック教の国です。 フランスでは西ローマ帝国が滅んだのち、新たに侵入してきたゲルマン系民族が支配する新国家が誕生しました。そのリーダー、クローヴィスは元来異教徒でしたが、フランスの民衆の宗教であったカトリック教を受け入れました。 G20(Group of Twenty)とは、世界的な経済・金融問題を協議する国際会議、ならびにその参加20カ国・地域のことです。 もともと、20カ国財務相・中央銀行総裁会議をG20と呼んでいました。しかし、後に各国のトップが集まる、. 明日までに必要なのですが、 ヨーロッパ各国の人々がどの宗教を信じるかの割合を知りたいです。 フランスやイギリス、ドイツ等で結構です。 ®åˆ¥ã‚’経験することでフランス人平均よりも困難な状況に ある。 フランスにおける2004年宗教的標章着用禁止法制定以降の 移民政策と宗教的自由 橋 本 一 雄 Immigration Policy and Religious Freedom since the enactment of the 2004 French Law Banning Religious Symbols in Public Schools Kazuo Hashimoto (2019å¹´11月27日受理) )の立場から、ヨーロッパ内部を中心に、多くの移民を受け入れてきました。 また、第一次世界大戦を、外国人の力を借りて戦ったという歴史があります。兵士としては … 363(July 14, 2011)(:pdf ファイル), 独立行政法人 労働政策研究・研修機構.外国人労働者受入政策(フランス:2004年11月)/フォーカス/労働政策研究・研修機構(JILPT). それは移民の出生率が、異常に高いことです。例えば1990-1998年のフランスにおける合計特殊出生率(平均)は、フランス人女性が1.65、移民の女性が2.50と、実に1.5倍以上の開きがある、というデータ … ¨1 イギリス宗教関係法令集 (平成22å¹´3月発行)(2.17mb) フランスでは、移民をフランス人から分離した特別学級の反省から、移民・フランス人の区別なく学業不振から子どもたちを救うための教育政策へと現在転換している。 こる理由の一つは移民問題?〕 ・ パリ同時多発テロ事件での主犯格のサラアブデスラムはベルギー生まれですがフランス国籍を持っていました 。 移民、宗教、風刺――フランス・テロ事件を構成するもの. ®åˆ¥å¯¾ç­–・平等促進最高機関を設置。 2005.10 移民の少年が警察官に追われ感電死する事件が発生。 日本を含め、世界各地で移民が大きなテーマとなっています。そこで移民大国の一つオーストラリアを取り上げます。 まず人口の特徴から整理し、その後、移民の歴史、そして最近のテーマと簡単にまとめていきます。 なお、多文化主義とはこの国の. 宗教・慣習等の留意点. こす宗教の話題は好きだし、僕に対しては、僕が日本人であるから、日本人の宗教を聞いてみたい という興味もあるのであろう。 ECB(European Central Bank、ヨーロッパ中央銀行、欧州中央銀行)を取り上げます。 ECBとは、ユーロ圏の金融政策を一元的に管理する中央銀行です。 中央銀行といえば、日本の日銀(日本銀行)や、イギリスのBOE(イング. Copyright © 2018 榊本の国際政治経済ブログ All Rights Reserved. 田村毅/塩川徹也/西本晃二/鈴木雅生 [編].フランス文化事典,丸善出版, 2012年. きている問題を分析していく。 第1章では移民の定義を明確にし、フランスで移民が増加したプル要因や移民法などのフランス 国家の移民に対する政策を取り上げる。第2章では実際の移民数や構成国の割合など現状を明 q ヨーロッパ各国の宗教について. フランスの実情から、移民・難民問題を学ぼう 2017.08.28 学生の皆さんは、世界中で増え続ける移民・難民の問題について、どれだけ知っていますか? フランスは国籍が国内で出生で与えられるためそうでない国民は「移民」と定義される。1999年の統計では移民は431万人で人口の7.4%で統計的に社会構成の一翼を担っている。移民の受け入れるかどうかは別に移民が社会で目立たない、生活しやすい国。 18世紀後半から出生率が低下したフランスは、19世紀半ばより労働力不足を外国人労働者で補い始めた。両大戦間、戦後の高度経済成長期、そして2000年代以降と、労働力不足期に大幅に増加し、不景気の時代も家族合流や庇護申請などの枠を通じて人の流入は増加を続け、2015年に「移民一世(フランス以外の国で生まれた者)」は約750万人(人口比約11%、Héran 2018)で、人数では世界第7位、欧州内ではドイツ、イギリスに次ぎ第3位につける。, 20世紀前半まではヨーロッパ出身者が多数を占めたが、第2次大戦後より旧植民地をはじめとする欧州外からの移動が増加し、現在ではEU出身者が31.7%、アフリカ大陸出身者が43.5%、その他が24.8%である(INSEE, 2013)。また二世(少なくとも親の片方が移民一世)は約850万人と算出されており、一、二世あわせると約1600万人、人口の約24%を占めることになる(Héran 2018)。, このように長い移民受け入れの歴史をもち、現在でも多くの移民人口を抱えるフランスでは、本特集のテーマである「移民社会化」が早い段階から進んできた。その過程でさまざまな課題に直面し、克服した問題もあれば、未決の難題もある。本稿はこのようなフランスの移民社会の課題として「差別」の問題をとりあげ、日本の政策に示唆を与えることを目指す。, 「移民社会」フランスと日本との最大の違いの1つに、「移民から国民になる」回路が確立している点がある。フランスは国籍法で出生地主義(血統主義も併用)を採用している。そのため、フランス生まれの外国人は成人(18歳)になると一定の条件を満たせば自動的に国籍が付与され「国民」となる。また「国籍取得(naturalisation)」の基準が示されており、2013年には移民一世の39%が取得した(INSEE)。国籍取得・付与をあわせて1999〜2017年で合計247.8万人にのぼり、平均13万人、人口の約0.02%が毎年「フランス人」になっていることになる。, 移民の社会統合を支えるのが、フランス型共和主義の理念である。憲法第1条の「共和国は一にして不可分」に基づいて、国民は「出自、人種、宗教」の違いにかかわらず、法の下での平等が保障される。一見当たり前のようであるが、この「不可分」原則はかなり徹底している。たとえば公式統計で人種・民族・宗教などの属性を問うことも同原則に反する差別的なものであるとして行われない。米国のように人種などの属性に基づいた積極的差別是正制度(アファーマティブ・アクション)が行われないのもそのためである。このような徹底的なカラーブラインド原則がフランス移民社会の最大の特徴である。, だが国籍が付与され、法律上は「国民」となっても、移民は様々な困難に直面している。外見などにもとづいて「移民」扱いされ、差別を受けるだけでなく、社会・経済的格差にも悩んできた。2015年OECD加盟34カ国で行われた移民統合調査によれば、フランスの移民の就業率は57%で、ドイツ(69%)やイギリス(68%)はもちろんのこと、新興移民国のイタリア(59.5%)よりも低い。EU加盟国(平均62%)でフランスを下回るのはスペイン、ベルギー、ギリシャのみである。貧困層割合も30%を超え(一般世帯は13%)、「移民−非移民経済格差」はOECD加盟国の最大レベルとなっている。二世は一世と比べればいずれも数値が改善されているものの、国民との格差は依然大きく、加盟国の中でも低い水準に止まっており、フランス憲法の「平等原則」とは対照的な実態がある。, そのような現実を反映しているのが、移民二世の被差別意識の高さである。移民一世に比べると国民との格差は限定的ではあるが改善されているにもかかわらず、差別されたと感じる者は多い(図)。なかでも欧州出身者の被差別意識が低下しているのに対し、アフリカ、アジア出身は二世のほうが増加している。, 欧州域外出身移民の高い被差別意識の背景には、排外主義の展開も影響している。なかでも極右政党「国民戦線(2018年「国民連合」に改名)」は1980年代前半に移民排斥を掲げて台頭し、35年以上にわたって勢力を拡大し、移民社会フランスに看過できない影響を与えてきた。. い歴史の中で、何度と問題なってきた移民。その移民政策の失敗などがパリ同時多発テロにつながったといえます。 ンボルを禁止する法案が成立し、フランス内外のムスリムやユダヤ教徒から反発されている。 それは移民の出生率が、異常に高いことです。例えば1990-1998年のフランスにおける合計特殊出生率(平均)は、フランス人女性が1.65、移民の女性が2.50と、実に1.5倍以上の開きがある、というデータ … するためだと述べた。世論調査では80%が法律による禁止に賛成した。 イスラームの知識人たちは、ヴェールで顔を隠すことはイスラームの教えではなく、コーランにも書かれていないが、ムスリム文化の伝統であると述べた。アメリカに住む著名なイスラーム … こす宗教の話題は好きだし、僕に対しては、僕が日本人であるから、日本人の宗教を聞いてみたい という興味もあるのであろう。 時間のビデオを見せられます。しかし、いくらやっても社会統合には限界がある。それはもうフランス人はわかっています。徐々に移民の制限のほうに動いていかざるを得ないと考えています。 い歴史とフランスの芸術に対する情熱の結晶です。現在約750件の文化財がユネスコ世界遺産に登録されています。その性格が宗教、民間、軍事、産業のいずれであるかにかかわらず、建築遺産は極めて重要です。 All rights reserved. フランスは自由・平等・博愛を国是としている国であり、外国人に開放的で、外国人移民も多いため、社会は様々な人種によって構成されている。 photo by Kristoffer Trolle [ CC BY 2.0 ], (注:こちらの文は、2015年1月28日に作成したものに、加筆・修正を加えたものです。), 2015年1月7日、パリで、イスラム過激派とみられるグループが週刊新聞「シャルリーエブド」を襲撃しました。自由を旗印とするフランスでは、言論・表現の自由を侵害するものとして、激しい抗議行動が起こりました。, 即座に、「イスラム教」と「言論・表現の自由」という問題が表面化しました。ここは巨大宗教イスラム教の根源に触れる部分なので、世界を巻き込んで尾を引く可能性があります。, しかし、もう一つ、ヨーロッパ内の「移民問題」が大きく取り上げられています。冷静に考えれば、一つのグループの犯罪なので、他の移民やイスラム教徒に飛び火するのは、おかしいのです。, しかし、この問題が一斉に広がるのは、西欧の歴史の中で、「移民」「人権」「治安」「経済」という4つのテーマが、何度も何度も複雑に絡み合ってきたからです。, フランスと移民の歴史は非常に長いものがあります。19世紀からこの国は人口の停滞に悩み始めました。労働力確保と人権擁護(庇護)の立場から、ヨーロッパ内部を中心に、多くの移民を受け入れてきました。, また、第一次世界大戦を、外国人の力を借りて戦ったという歴史があります。兵士としてはもちろん、農場や工場で多くの外国人がフランスを支えてきました。, フランス人とヨーロッパ系移民との関係は、必ずしも良好なものとは言えませんでした。「労働力の確保」と「移民の監視・管理」を両立することは難しく、景気や治安が悪化するたびに、フランス人の「外国人嫌い」が顔を出すデモや事件が発生してきました。, その一方で、ショパンやキュリー夫人など偉大な功績を残す外国人が、フランスに渡ってきたのもこの時代です。現在フランス文明と呼ばれているものと、移民・外国人との間には、切っても切れない関係があるのです。, フランスで「繁栄の30年」と呼ばれる時代です。第二次世界大戦後、フランスは経済が成長していくにつれて、さらなる移民受け入れを国家の方針として掲げます。この間に、非ヨーロッパ系移民が増えていくことになりました。出身はアルジェリアやモロッコなど、北アフリカ、マグレブ諸国が中心でした。, 「ヨーロッパ系移民」の二世たちが、少しずつフランスという国に溶け込んでいく中で、「非ヨーロッパ系移民」との 間に新たな「移民問題」が生まれ始めます。フランスは現在、西欧諸国の中で、イスラム教徒の人口比率が最も高い国だといわれていますが、まずその土台が、この時代に出来たのではないかと思われます。, 1973年のオイルショックを契機として、経済が急速に悪化していきます。失業率が上がり始め、移民労働者は供給過剰の状態に入ります。, どれも大きな決定ですが、③は重要です。家族の呼び寄せを認めたことで、北アフリカから女性の流入が増大します。多くの二世・三世がフランス国内で生まれる土壌が出来上がります。, 都市郊外に、社会生活が困難な移民が集まって暮らすようになり、これが「郊外問題」として知られるようになります。警察とのトラブルも発生するようになり、「移民問題」は経済から治安の問題へと拡散していきます。, フランスでは従来、景気が悪化し失業率が上昇すると、移民を制限して対処する、というのが一般的でした。治安が悪化すれば、移民の監視を強化するという歴史も繰り返されてきました。しかし、それらを越えて、フランス人がフランスのアイデンティティを維持するため、「移民を排斥すべし」と考えるFN(国民戦線)のような右翼政党も力をつけ始めます。, 一方、こういった動きに、真っ向から反対するのもフランス人です。労働者の権利や人権への認識が高まるにつれて、「フランス社会の一員」として移民や貧困層の権利を擁護する考えが、社会運動を伴って活発化します。, こうして、移民に対するフランス世論が、左派政党と右派政党に分かれて対立することが繰り返されることになりました。, 現在、移民・外国人の権利が随分認められるようになったと言われます。しかし、右派、左派双方の闘いには、移民問題が今も大きな焦点として登場しています。, 誤解があってはいけませんが、ほとんどのイスラム教徒は、テロや過激派とは無縁の存在です。ただ、生活スタイルに、強い信念・特徴があることと、先述した「郊外問題」の中心に位置していることがポイントです。, 先ほどの歴史で書きました通り、1974年の政策変換において、「滞在が許可されている移民労働者による家族の呼び寄せは認める」という決定が大きかったと思われます。, 北アフリカからイスラム教徒の多くの女性が、フランスに移住しました。そこで、『出生率』に差が出たのです。もともと居るフランス人女性より、イスラム教徒の女性の方が、大勢子供を産むのです。このためイスラム教徒の人口比率が上がっていくこととなりました。, 現在、左派も右派も、基本的には新規の移民受け入れを停止し、不法入国者の取り締まりを行うことでは考えが一致しているようです。しかし、既に移住している人を追い出すことはもちろん出来ません。, これからのことを考えますと、フランス国内のイスラム教徒の比率は、2010年で7.5%であったものが、2030年には、10.3%まで増えると予測されています。(Drehle, 2015), サッカー界で有名なジダン(ジダヌ)選手は、アルジェリア系移民の二世です。マルセイユの貧困層が広がるエリアの出身だということですが、フランスの英雄であり、アルジェリアの英雄でもあります。ルーツが混在するサッカー代表チームの活躍は、フランス、旧植民地、双方にとって一つの理想とされたのです。, しかし、成功した二世、三世が少ないことも事実です。失業、就業、健康格差、差別、学校内の対立など、まだまだ「移民問題」がなくなる様子は見えません。, 一方、既存移民とその子孫を、自国の言語、社会、文化へ「統合」していくという考え方は、西欧諸国では一般的です。ただ、その度合いやスピードについて、様々な考えが混在しています。, 今回の新聞社襲撃事件のあと、イギリスやドイツの政治家が、即座に動いたのは印象的でした。, 自国内の火薬に火がつくのを恐れているのと同時に、もしフランスで移民排斥運動が激化すれば、移民、特に不法滞在者が自国に流れてくるのが、目に見えているのです。このあたりは歴史が証明しており、移民問題が外交問題に発展しないよう警戒したものだと考えられます。, 日本では既に、百万人近い外国人労働者が働いているそうです。少ないとは言えません。一方、「(若い低賃金労働者が欲しい。でもいずれ自国に帰って欲しい。これ以上高齢者を支えたくない)」という本音が漏れ出ています。, 口には出せないと思いますが、恥ずかしいことではありません。フランスも100年に渡って本音に沿えるよう政策を練ってきたのです。しかし、時が流れ、景気が悪化した時、「補助金付き帰国奨励策」を打ち出しても、結果は出ませんでした。むしろ大規模な人権運動に転化することになったのです。, 文化の違いがクローズアップされますが、一番の問題はそこではないようです。移民は確かに外国文化を持っていますが、人間です。つまり、ほとんどの移民が、受け入れ国の文化に「合わせて」暮らせるのです。ここの部分は、受け入れ国民側が強い姿勢で臨まないと、「郊外問題」が拡大することを、ヨーロッパ人は学びました。, 一般に移民が耐えられないのは、「文化」ではなく「差別」の方です。例えば、公立の団地、託児所、高齢者介護施設などは、貧しい人から優先です。どんなに競争が厳しくても人種で差をもうけては火種となります。, 日本がこれからも外国人労働者を受け入れていけば、様々な悩みと直面することと思いますが、基本的に後戻りは出来ないものです。差別を繰り返せば外国人の不満が爆発するし、さりとて日本人の外国人労働者に対する不満を蓄積させれば、外国人排斥を掲げる政治家に選挙で票が集まることになります。, 最悪のシナリオは、外国人排斥を掲げる政党が力を持ち、法的に日本が外国人排斥を行うことです。当然、海外にいる日本人や日本の営業所・工場などに排斥の動きが広がります。, ヨーロッパの経験から言えば、自国の言語、社会、文化へ「統合」していくという考え方が重要なのですが、果たして日本はそこを強く推し進められるのでしょうか・・・, Twitter Facebook  RSS はてなブックマーク 政治・経済両面から、世界情勢や国際問題の分析を行います。国際ニュースを絡めながら、出来るだけ読み易いサイトになるよう心掛けます。どなた様かのお役に立てば幸いです。.

幼児期 おやつ レシピ, 神田 焼肉 食べ放題, 沖縄旅行 子連れ 格安, 美容室 待合 テーブル, 早慶 英文解釈 参考書, 梅田 激安 焼肉,