ウッドベース スケール 長さ

相変わらず自分のウッドベースの弦のテンションがキツく、ゴツゴツ弾かなあかんのがなんとかなならんかなぁと思っていました。特に右手。弦をハジくという感覚ではなく、無理やり引っ張ってる感覚に近く、これはもう楽器を弾くというより格闘しているに近い。 同じような弦楽器にヴァイオリンやヴィオラ、チェロなどがありますが、これらの楽器と同じ仲間と言い切れない部分があります。コントラバスは16世紀にヨーロッパで生まれ、18世紀頃まで演奏されていた「ヴィオローネ(Violone)」という楽器が先祖にあたります。ヴァイオリン属ではなく、ヴィオラ・ダ・ガンバ属に属する弦楽器で、その中で一番低音域を担う楽器が「ヴィオローネ」だったのです。このヴィオローネが元 … Hallstatt ハルシュタット ウッドベース WBS-800 4/4サイズ(日本向け)がコントラバス・ウッドベースストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 エレキベースとの1番の大きな違いはやはりボディ形状です。エレキベースと比べ大きさ・厚みともに増える傾向にあるため、とくに右手の使い方に慣れが必要になります。一方、ネックに関してはエレキベースと近い形状のものが多く、左手はエレキベースと同様の感覚で演奏可能です。 最近のお店の状況:土日の日中を除いて比較的空いています!ゆっくりお買い物していただけると思います♪(12/21更新), ギターの弦と同じように、素材やゲージ(太さ)が違っても張ることはできますが、唯一ギターと違うのは、, とはいえ、ほとんどが『ロングスケール』であるため、あまり気にしたことが無い方も多いはず。というわけで、まずはあなたがお持ちのベースの長さを調べてみましょう。, と、このように分類されております。表から見てもロングスケールが一般的なことが分かりますね!, 一体どうしてベースだけこのような長さが決められているか。それは弦の構造上、分けざるをえないから。になります。, 低音弦側(特に4弦)は弦自体が太すぎて、そのままペグに巻くと適当な回数分巻けなくなってしまうからです。, 例えば、ロングスケールのベースにスーパーロングスケールの弦を張ってしまうと、適当な回数を巻けず、テンション(引っ張り)が足りず、, また、ミディアムスケールの弦を張ろうとすると、そもそも弦の長さが足りないことがあります!, 通常、ベースの弦はブリッジプレートの後ろ側を通して固定します。 ですが、まれにギターと同じように裏通しをして固定するタイプがございます。, 裏通しの穴の位置や、弦メーカーにもよりますが、こればかりは、一度張ってみないとわかりませんので、ワンランク上のスケールの弦をお買い求めいただいたほうが確実かと思われます。, 長さが違うのはわかったけど、結局どの弦がいいの?といった疑問もたくさん出てくると思います。, 店頭スタッフにお声掛けいただけましたら、あなたのベースに最適な弦をご案内致します!, 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。. ベース弦の長さは、主に4種類あります。 長い順に、スーパーロングスケール・ロングスケール・ミディアムスケール・ショートスケールと分かれています。この長さは、ベースの弦を固定してある、ナットからブリッジサドルまでの長さのことを表しています。そしてこれを「スケール」といいます。 下記の表がそれぞれの長さです。 一般的なベースは、ロングスケールであることが多いです。ただ、あなたのベースのスケールを把握しておくことをおすすめします。 測り方は、極めてシンプルです。ナ… 世界初のアップライトベースがいつ作られたかは定かではありませんが、1960年代にはアンペグ社から「ベイビーベース」と呼ばれるアップライトベースが作られています。このベイビーベースは独特のアタック感と短めのサスティーンが特徴で、ラテン音楽などのジャンルを中心に当時から現代に至るまで使われ続けています。 しかしカテゴリーとしてのアップライトベースが知れ渡ってきたのは、ベイビーベースの誕生よりもかなり後の1990年台後半~2000年代辺りでしょう。このころにジャズの要素 … リズムをいれたスケール練習の難しさ. [mixi]WOOD BASS-ウッドベース 魂柱と駒の位置についてお聞きしたいのですが スラップ中に駒が飛びまして、幸い魂柱は倒れませんでしたが・・・ で、自分で調整してつけようと思ったのですが、駒の位置がよく分かりませんので教えていただきたいのですが。 専用のスケール(長さ)がある事なんです! とはいえ、ほとんどが『ロングスケール』であるため、あまり気にしたことが無い方も多いはず。 というわけで、まずはあなたがお持ちのベースの長さを調べてみましょう。 ベースのスケールは全部で4つ! 弦が細いと張力は弱くなる 隣合う弦を同じ音程にチューニングにしたら、細い弦の方がテンションがダルダルになるので、こういうこ … その効果はスケールが長くなるほど顕著で、まさにベースには最適なテクノロジーといえます。4弦のローポジションであっても確かな音程感が得られ、バンドアンサンブルのピッチをより安定させます。 *hs、czシリーズのベース全モデルに採用 このレッスンでは、チューニングの方法や、長時間の演奏でも疲れない基本姿勢、 フォーム(ウッドベースの場合はアルコも)、スケール、 コードの仕組みや弾き方などの基本的な部分から、 課題曲や希望の曲でのグルーヴやスィングについての理解、 ベースの指板図に音名を表記しているスケールの指板表で、運指表や音名表とも言われます。スケールの種類毎に、15のキーで分けているので、必要に応じてフレットの位置や、音名の確認に使用してください。4弦ベースだけでなく、5弦ベースのlow-Bとhigh-Cにも、切り替えが可能です。 スケールとはナットからブリッジサドルまでの長さ。使用しているベースによってスケールは異なり、適合した弦を選択しないと張れない場合もあるため注意が必要です。ベースのスケールには4種類あり、もっとも一般的なのが「ロングスケール」。 読み応えもたっぷり! ウッドベースの弦長について質問です。 ウッドベースの購入を考えています。今所有している、ヤマハのSLB200の弦長が104cmなので、購入するウッドベースも、できれば弦長が104cmのものが欲しいと … ▲JタイプのシングルコイルPUを二つ搭載。コントロールは2V1Tのスタイルで、トーン・ノブのプッシュ/プルのワンタッチ操作で、パンチのあるサウンドを生む直列配線となる"ターボSW"機能が搭載されている。フロントPUにカバー兼フィンガーレストが装着されているが、カバーを外すことでよりパワー感のあるサウンドが得られる。また、ピックガードは、塗装の美しさと質感を損なわないようにクリアタイプが採用されている. 個人的な感想としては、5弦ベースの35インチ・スケールは今やスタンダードのひとつと言えるほど普及しており、スケールの長さそのものでさほど違和感はない。34インチのベースを愛用してきたプレイヤーも、ある程度弾いているうちに慣れるだろう。 月刊音楽雑誌「Player」が作る、専門家たちによるギターや楽器の本格的情報サイト!, BACCHUS GLOBAL SEIRIES WL-534 ASHBACCHUS GLOBAL SEIRIES WL-535 ASHBACCHUS GLOBAL SEIRIES WL-533 ASH, 今回紹介するWLモデルは、(株)ディバイザーがプロデュースするバッカス・グローバル・シリーズ(BACCHUS GLOBAL SEIRIES)の製品。基本的なスペックは共通しているが、標準的な34インチのロングスケールの他、やや短い33インチ・スケール、やや長い35インチのエクストラ・ロングスケールと、1インチ(2.54cm)違いのモデルが用意されている。ユニークな企画で、楽器への探究心をくすぐる実に興味深いシリーズである。 今回はWLモデルにはいくつかのバリエーション(定価:65,000円〜110,000円税抜)があるが、その中からアッシュ・ボディの5弦ベース、WL-533ASH、WL-534ASH、WL-535ASHを採り上げて取材した。, ▲左=WL-534 ASH(34インチ)、中=WL-533 ASH(33インチ)、右=WL-535 ASH(35インチ), (株)ディバイザーは、ディバイザー、ヘッドウエイ、STR、バッカスなど様々なブランドをプロデュースしているが、今回紹介する製品はバッカスのグローバル・シリーズ。同社では、ハイクラス製品やハンドメイド製品を中心に製造する長野県松本市の自社工場の他に、フィリピンにも自社工場がある。フィリピン工場では、日本人のマスタービルダーの指揮の下、日本の工場と同等の設備の中で同等の規格の製品が丁寧に生産されている。バッカスでは、価格帯などによって2つの工場をうまく使い分けることで、ハイエンドのハンドメイド・モデルから大量生産品に至るまで、様々な製品を企画、開発、製造している。, どのメーカーでも、ラインナップが幅広い価格帯亘る場合、価格に応じて、使用する木材や仕様、加工方法、塗装、パーツ、装飾などが異なっている。今回のWLモデルは、ボディ材がアッシュのモデルで定価100,000円、ハードウッドのモデルで定価65,000円と設定されている。価格帯としては、いわゆるビギナークラスからミドルクラスに属しているが、ユーザー層は中上級者を対象としており、ライブハウスなどでの演奏からDTMなどのシビアなレコーディングに至るまで、充分対応できる高いクオリティを誇っている。WLモデルはフィリピン工場で作られる製品だが、現地スタッフは日本の本工場の高いスキルを受け継いでおり、極めてコストパォーマンスに優れた製品を製造している。まず最初に、そのクオリティの高さについて説明しよう。, ▲写真のモデル(WL-533ASH BLK/OIL)は、ブラックの木地着色とオイル・フィニッシュで仕上げられている。オイル・フィニッシュはその成分が木地の中へと染み込むため、木材の鳴りを充分に引き出す塗装として知られている。また、長年使用することで歴戦の深みを増す塗装として、ディバイザー製品に数多く採り入れられ、好評を博している。, ▲こちらのWL-535ASH STBは、シースルー・ブルーのウレタン塗装グロス仕上げ仕様。爽やかで深みのあるシースルー・ブルーがアッシュ材の美しい木目を充分に引き立て、さらにウレタンクリア塗装による鏡面グロス仕上げが施されている, ▲ネック・ジョイントは4本のボルトによるデタッチャブル・タイプ。ネックプレートが少し傾斜する独自のヒールレス加工が施されるなど、サウンド面で一般的なJBタイプを踏襲しつつも、プレイアビリティを高めた仕様が採用されている。, ▲ネック材はメイプル、指板材にはローズウッドを使用。厳選されたローズウッドが使用され、取材した3本の指板はよく似た木目と色合いになっている。また、ボディ・カラーによって、メイプル指板のモデルも用意されている。, ▲ナット位置のネック幅は5弦モデルで46mm、4弦モデルで38mm。これはJBタイプと呼ばれるベースでしばしば採用されている細めのサイズ。特にロー・ポジションがナローな仕上がりになっている。, ▲JタイプのシングルコイルPUを二つ搭載。コントロールは2V1Tのスタイルで、トーン・ノブのプッシュ/プルのワンタッチ操作で、パンチのあるサウンドを生む直列配線となる"ターボSW"機能が搭載されている。フロントPUにカバー兼フィンガーレストが装着されているが、カバーを外すことでよりパワー感のあるサウンドが得られる。また、ピックガードは、塗装の美しさと質感を損なわないようにクリアタイプが採用されている。, ▲ターボSWはトーン・ノブをプッシュ/プルすることで、瞬時に切り替えが可能。ここ一番のタイミングでパワフルなサウンドが手軽に得られる。, ベースとしての基本的なデザインは非常にオーソドックスである。しかし、ハイクラスのモデルを思わせる厳選された木材の使用と塗装が施され、さらにターボSWによるパワフルなサウンドが大きな魅力となる。, エレクトリック・ベースは、そのルーツであるプレシジョン・ベースに倣って34インチのロングスケールを採用しているモデルが多い。しかし、アクティブ回路の搭載や多弦ベースの登場などによって、よりスケールが長い35インチやそれを上回るエクストラ・ロングスケールの製品も少なくない。また、その逆でハイエンド・クラスのカスタム・ベースでは、33インチなどハイCを採用した5弦ベースなどをオーダーするベーシストも増えている。, このグローバル・シリーズでは、そのような状況をふまえてオーソドックスでオールラウンドなJBタイプを基に、34インチ・スケールだけでなく、35インチと33インチというプラス/マイナス1インチずつスケールが異なるモデルをリリースしている。これらの3つのスケールの中から、自分の演奏スタイルや体格、音楽性に合ったモデルを選択できるというこれまでにないユニークなラインナップが採用されている。, ▲BACCHUS GLOBAL SEIRIES WL-534 ASH 価格=100,000円(税抜), WL-534ASHは、34インチ・モデルの5弦ベース。コンテンポラリーなJBタイプで、基本的にオーソドックスな仕様のモデルとしてオールラウンドに使用できる。この価格帯でありながら、ディバイザーらしい高級感のある仕上がりとサウンド、そしてカラーバリーションを持っている。, ▲BACCHUS GLOBAL SEIRIES WL-535 ASH 価格=100,000円(税抜), WL-535ASHは、35インチ・スケールを採用した5弦ベース。持ち替えた時の印象としては、やや弦のテンションを強めに感じる。34インチ・モデルに比べると基本的なトーンのキャラクターは近いが、より張りがあり重く感じられるのと同時に、締まりがある。弦のテンションが強い分、よりボディを大きく震動させてことで、トーンの中にややアコースティックはニュアンスも増えているようだ。スケールが長いため、ローBの弦のテンション感は良好で、ピッチもかなり安定している。日頃5弦ベースを愛用しているプレイヤーであれば違和感はないだろうが、体の小さいプレイヤーや女性プレイヤー、ビギナーの中には、最初違和感を感じる人もいるかもしれない。, 個人的な感想としては、5弦ベースの35インチ・スケールは今やスタンダードのひとつと言えるほど普及しており、スケールの長さそのものでさほど違和感はない。34インチのベースを愛用してきたプレイヤーも、ある程度弾いているうちに慣れるだろう。その意味では、5弦モデルよりも4弦モデルのWL-435の方がユニークな仕様と言える。, ▲BACCHUS GLOBAL SEIRIES WL-533ASH 価格=100,000円(税抜), WL-533ASHは、33インチ・スケールの5弦ベース。弦のテンションこそ34インチよりも気持ち緩いが、基本的なサウンド・キャラクターはかなり近い。スケールが短い5弦ベースの場合、低音に締りがなくなりがちだが、試奏した限りではそのような印象はない。この部分でもディバイザー製品の設計や製造面でのレベルの高さが感じられる。, スピーディでテクニカルな演奏を主体とするプレイヤーはもちろん、女性、ビギナーなどには特にお薦めで、34インチでの運指にストレスを感じる人などもぜひ試していただきたい。特にロー・ポジションでの運指のスムーズさは、大きなメリットと言える。, 各モデルは、使用されているスケールによってブリッジの位置が異なっており、それぞかが最良のポジションやバランスで演奏できるようにデザインされている。 出荷時にセットされる弦は3モデルとも同様であるが、35インチと33インチの関しては、弦のテンションと自分の演奏スタイルを考慮しながら、より好みのトーンになるように、弦のブランド、種類、ゲージを試してしてみると良いだろう。, わずかの1インチのスケール違いであるが、演奏性やサウンドには確かに違いがある。ただし、スケールの長さだけでベースの弾き心地やトーンを語れるほど単純ではない。WLモデルを店頭で弾き比べることで、プレイヤー自身が"このスケールは弾きやすいか?""どんなサウンドを求めているのか?"など様々な角度からこれらの製品を確認し、最も自分にあったモデルをセレクトして頂きたい。, VINTAGE GUITAR PHOTO GALLERY vol.147 1929 MARTIN 00-42, エレクトリック・フィンガーピッカーJared James Nicholsイベントレポート, 『GAKKIソムリエ』は、月刊『Player』がプロデュースする“楽器レビューの専門サイト”です。専門家による的確でわかりやすいテキスト、美しい写真、そして動画によって様々な楽器をレビューします。楽器をもっと深く知る! スケール(弦長)とは スケール(弦長)の長短が弦楽器に与える影響 【重要】ベース弦を選ぶポイント スケール(弦の長さ)– 主なベースのスケール(弦長) ストラトキャスターとレスポールの特徴と違い 【fender gibson 世界2大エレキギター】 / (C) 2015 Player Corporation. 普通にスケールを弾くのも、運指練習にはとてもいいのですがそこにリズムを入れることで、難易度も効率もすごい変わる印象です。 丁寧に、音の長さを意識して練習してみてください! ここで言う長さとは、ナットからブリッジまでの長さですね。要するに振動する部分の長さです。アコギのようにこの長さが変えづらい(ブリッジが移動しづらい)楽器は、弦の太さで張力調整をしてプレイアビリティを調整することになる、ということですかね。 1. ベースのスケールの種類は大きく分けて4つあります。 スーパーロングスケール、ロングスケール、ミディアムスケール、ショートスケールです。 各スケールについてはインチで表す事が多いです。 ちなみに1インチ=2.54cmです。 では、各スケールはどのくらいの数値でどんな楽器が採用しているのかみていきましょう。 スケールってのは弦の長さですね。 一般的なウッドベース(コントラバス)のスケールは大体100cm前後、対して34インチというのは約86cm。 この差はかなり大きく、エレキベース奏者がウッドベースを始めた時に一番大きなハードルがこの「スケール差」です。 (C) 2015 D.C.T. スペクターのエクストラロングスケール(35インチ)の5弦ベース 長さ:約889mm(35インチ)・約914mm(36インチ) 代表的な機種:5弦・6弦などの多弦ベース 最も一般的なスケールであるロングスケールよりも長いスケールで、エクストラロングスケールなどとも呼ばれます。 35インチの場合、Fenderスーパーロングスケールとも。 ベースの場合でもエレキギター同様ロングスケールが最も一般的で、スーパー … ベースにはロングスケールとショートスケールがあるって聞いたことありますよね。でも具体的な違いとなるとイマイチよくわからないって方も多いのでは? 「長い・短いってどの部分のこと?」「ミディアムスケールなんてのもあるの」「どうやって見分けるの? それが『GAKKIソムリエ』です。. ベース指板上の各スケール(音階)をまとめました。LowB,HighCチューニングで5弦・6弦ベースも載せました。構成音に音程、音名(CDEF・・)、階名(ドレミファ・・)、数字などで表しています。練習や確認に利用してください。 エレクトリック・アップライト・ベースとは… エレクトリック・アップライト・ベースは元々jazz系の音楽ジャンルでの使用の為、ウッドベースやコントラバスの代用品として考案されました。 Project.Co.,Ltd. 弦が太いと張力は強くなる 2. ロングスケールのベースはナットからブリッジまでの弦長が 34インチ 、これに対してショートスケールのベースは30インチ。その差は4インチ(約 100mm) 。ロングスケールでは困難な運指もショートスケールであれば難なくこなせてしまうかもしれません。 (注: ショートスケールの次に長いのはミディアムスケールですが、標準的な長さはロングスケールです。詳しくはこちらのサイトにあります。) 全長はおそらく普通のベースと同じ、約127cm。(→普通のベースの長さはこのサイトから推定しました。 多弦ベースはローBのクリアな鳴りを狙って、たいていロング~スーパロングあたりだったりする。 最近ジャズ界では33インチというやや短めのスケールが流行っているらしい。 DR, R. Cocco, Ken Smith, Optimaなどは通常スケールの 864スケール【34 inch 】 スケール(弦長)34 inchは864㎜(863.6mm) 「ロングスケール」と呼ばれます。 フェンダーのジャズベースやプレシジョンベースはこのスケールです。 表は単純に計算で求めた数値で … コントラバスは、その太く低い音が特徴的である。 現在の一般的な調弦は、4弦の場合、高い方から中央ハの1オクターブと完全4度下のト(g、ソ)、以下完全4度ごとにニ(d、レ)、イ(a、ラ)、ホ(e、ミ)であり、それぞれ、第1弦=g線、第2弦=d線、第3弦=a線、第4弦=e線と呼ばれる。

ジョジョ 3部 Op 最終回, 釧路湿原 ハイキング 冬, 韓国語 単語 一覧, ニーアオートマタ Eエンド 海外の反応, 京都 極上 ランチ,